江ノ島、伊豆長岡でのんびり過ごす 伊豆長岡編

旅行

江ノ島を満喫したので宿泊予定先のホテルがある伊豆長岡へと向かいます。

概要

伊豆長岡温泉伊豆の玄関口に位置し、源氏山を挟んで
東の古奈と西の長岡から構成されている温泉地
ホテルサンバレー伊豆長岡天井高10m超えの総檜大温泉や300坪の日本庭園
夕食は実演も充実の50種類のバイキングが楽しめる
漫画30,000冊(絵本や書籍も有り)を誇る温泉図書館がある
ホテルサンバレー伊豆長岡へ  所要時間:1時間半程度

江ノ島から伊豆長岡温泉 ホテルサンバレー伊豆長岡へ向かいます。カーナビに目的地を入力すると箱根峠を越えるらしく山道に少し不安になりながらも車を走らせました。海辺の景色がどんどん山間部の景色へと様変わりしていくので窓から外を眺めているだけでも楽しかったです。およそ1時間半でホテルの駐車場へ到着しました。

チェックインをしてお部屋へ

ロビーでチェックインをして荷物を持ってお部屋へ。角部屋だったのですが入り口ドアの前に格子戸があり、他の部屋と比べて特別感があったので(部屋あってるよね・・・?)と心配しながら室内へ。

今回宿泊したお部屋は新館の和洋室部屋で、10畳の和室と2台のベッドが置かれた広めの洋室がありました。
トイレとお風呂は別で、脱衣場を兼ねた洗面所はとても広く横長の大きな鏡とダブル洗面なので複数人で朝の身支度をする際にとても助かりました。
部屋風呂は高級感があり眺望も良く、洗い場も広くて使いやすそうでした。
(今回は利用しませんでした)
小さい子どもと宿泊する場合、洋室だとベッドからの転落対策など色々と問題があるのですが、和室では心配がいらないので安心して眠ることができました。
和室に良くある高級な調度品も片付けられていたのか部屋内がすっきりしていて助かりました!

貸切風呂 まどろみの湯へ

貸切風呂の予約が取れたので夕食の前にお風呂へ行くことに。旦那は大浴場へ行き祖母と私、長男と次男の4人は貸切風呂へ向かいます。
大人用の浴衣の用意は客室にあるのですが、子供用の浴衣は受付ロビー前に用意されているので、そこから必要分を取っていく必要があります。
脱衣場は広々としていて脱ぎ着しやすかったです。
広々した内風呂と開放的な露天風呂がありました。
長男は露天風呂に興奮してじっくり浸かり、次男は内風呂が気に入って楽しそうに入浴していました。せっかくだったので備え付けのボディソープとシャンプーリンスを使用したのですが、香りも良く髪もきしんだりしませんでした。

大満足の夕食バイキング

パパが今回の旅行で一番楽しみにしていたといっても過言ではない夕食のバイキング。公式HPでも記載があった通りとても豊富な種類の料理が並んでいました。
新鮮なお刺身の数々や炊き立てつやつやのブランド米、目の前で揚げてくれる天ぷらや注文してから握ってくれるお寿司など目移りしてしまって本当に厳選するのが大変でした。
和食だけではなくドリアやローストビーフなどもあり、デザートも和洋どちらも充実していてアイスコーナーは子どもたちで大賑わいでした。個人的には瀬戸内レモンケーキがとても爽やかで美味しかったです。よっぽどおいしかったのか、長男が「心がおいしいって言ってる」としみじみ呟いていました。

お酒のメニューも充実していて普段下戸な夫婦なのですが旅の勢いもあって2人で地ビールに挑戦してみました。メニューからフィーリングで選んだビールだったのですがとても飲みやすくお食事にあう美味しいビールでした。

※浴衣の袖がお料理に入ってしまうのを防ぐためのバンドが用意されていました。
 お子様だけでなく大人の人の利用も多い印象を受けました。

朝食の際はデザートが大幅に少なくなっていたのでデザート(アイス含む)が食べたい方は
 夕食時に食べておいた方が良い
と思います…!私ももっと食べておけば良かった!

30,000冊の漫画がある温泉図書館へ!

美味しい夕食を食べた後に次男と祖母は部屋へ戻り、残りのメンバーは地味に楽しみにしていた温泉図書館へ。
温泉図書館は大浴場の入り口にある階段を上がったところにありました。複数の椅子、畳のスペースやキッズスペース、奥まった所にはマッサージチェアの用意もありました。
旦那は少年漫画、私は少女漫画をそれぞれ手に取って読み、長男はキッズスペースで絵本を読んで過ごしました。
こんなにたくさんの絵本をいっぱい読めるなんて図書館って最高だね!と大喜びしていました。
思っていたよりも人が少なかったので食後の時間をゆっくりと穏やかに過ごすことができたのが良かったです。気になっていた漫画の続きをここで読めたのもありがたかったです。

翌朝大浴場へ

朝7時に起きて昨日入れなかった大浴場へ祖母と2人で行きました。
大浴場は天井がとても高くて開放的な空間で、大小様々なお風呂がありました。

・秋田県産の天然記念物『北石』が使用されているお風呂。少しぬるめ
・ジェットバス
・気泡湯
・寝湯
・内風呂
・日本庭園が見える露天風呂


どれもさらりとしたお湯質なんですが、湯上がりの肌はつるつるしていて潤っている感じがしました。
朝食バイキングが控えていたので時間を気にしてささっと出てしまったのですが、またの機会があれば夜にゆっくり浸かりたいです。

伊豆長岡まとめ

せっかく遠出するなら帰る前に温泉地へ行きたいという願望を叶えるべく伊豆長岡温泉に行くことに決めたのですが、温泉はもちろんご飯もとてもおいしくて幸せでした。
温泉に入ったおかげで元気いっぱいになったので、お土産屋さんに寄ってから帰宅する予定が急遽近くの水族館へと立ち寄ることになりました。水族館(三津シーパラダイス)の感想は別記事で書こうと思っていますのでよろしければそちらもご覧ください。
最後まで読んでくださりありがとうございました…!

コメント

  1. まいこ より:

    こんにちは!ホテルサンバレー伊豆長岡に行こうと思っていたので、すごく参考になりました!
    いろんな旅行日記書かれているので、色々と拝見させてもらいます!

タイトルとURLをコピーしました