ジブリパークさんぽ券でたのしむ魔女の谷

ジブリパーク

ジブリが大好きで三鷹の森ジブリ美術館に遊びに行ったり、ジブリパーク自体もプレオープンも含めて4回ほど行ったことがあります。いつもは大倉庫込みのチケットを取って行くのですが今回は一番リーズナブルな「さんぽ券」を購入して楽しみたいと思います…!

概要

ジブリパーク愛・地球博記念公園内
〒〒480-1342 愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533−1
チケット購入方法毎月10日14時から2カ月後のチケットを
オンラインで予約購入できる
⚠️さんぽ券のみ一週間前に販売開始される
⚠️ジブリパーク内ではチケットを販売していないので注意
大さんぽ券プレミアム平日 大人7,300円 子ども3,650円
土日休 大人7,800円 子ども3,900円
5つ全てのエリアと全ての建物の中を観覧することができる
※大倉庫は入場時間の指定あり
大さんぽ券平日 大人3,500円 子ども1,750円
土日休 大人4,000円 子ども2,000円
5つ全てのエリアを見て回ることができる
※大倉庫は入場時間の指定あり
⚠️特定の建物の中を観覧することはできない
さんぽ券平日 大人1,500円 子ども750円
土日休 大人2,000円 子ども1,000円
大倉庫以外の全てのエリアを見て回ることができる
※魔女の谷のみ入場時間の指定あり

⚠️特定の建物の中を観覧することはできない
魔女の谷・もののけの里セット券平日 大人3,300円 子ども1,650円
土日休 大人3,800円 子ども1,900円
魔女の谷ともののけの里のみ観覧することができる
オキノ邸、ハウルの城、魔女の家に入ることができる

※8月入場分から11月入場分までの期間限定
※魔女の谷エリアのみ入場時間の指定がある
駐車場ジブリパーク専用の駐車場がないため
公共交通機関で訪れることを推奨されている
愛・地球博記念公園の駐車場に停めることもできる
※どのチケットでもレストラン・ショップ、遊具、乗り物も利用できる
(ただし大倉庫内のショップ、カフェについては大倉庫エリアに入ることのできるチケットが必要です)
今回の目的は魔女の谷!

ジブリパークを訪れるのは今回で5回目。大倉庫内の展示やネコバスルームなども魅力的で大好きなのですが新しくオープンした魔女の谷がとっても気になるので、行きたいなと思ったタイミングで手軽に購入できる『さんぽ券』を利用して楽しんでこようと思います。

やりたいことリスト
・魔女の谷エリアで写真をたくさん撮る
・メリーゴーランドに乗る
・フライングマシンに乗る
(子どもの付添であれば大人も乗ることができる)
・グーチョキパン屋でパンを買う
・空飛ぶオーブンでご飯を食べる
・13人の魔女団でお土産を買う

テレビで見たメリーゴーランドがあまりにも素敵だったので子どもと一緒に乗って楽しみたいのと、空飛ぶオーブンでシェパーズパイを食べる!というのを目標にしたいと思います…!

あいにくの雨

購入したチケットは魔女の谷エリアの時間指定が午後からだったので、午前中は他のエリアを散策して回ろうと思っていたのですが到着したタイミングであいにくの雨が!雨具の用意もしてあったのですが、さんぽ券だと魔女の谷以外の屋内に入ることができないため公園の休憩施設である屋根のあるエリアでひたすら雨があがるのを待つことに。
・・・ようやく雨が上がったのは魔女の谷へ入るタイミングでした。(散策はまたの機会に延期したいと思います)
指定されている時間の数分前から待機列が作られそこにグループごとに並んで待つことになります。入場する際はチケットを提示して簡単にエリアを説明を受け、入場となります。

空飛ぶオーブン

ちょうどお昼時だったこともあり、入ってすぐの右手にあるレストラン「空飛ぶオーブン」へ並ぶことにしました。
並んでいるとスタッフの方から「シェパーズパイ売り切れ」のご案内が・・・どうやら午前中で全て売り切れてしまったようです。お目当てのお料理がある場合は午前中を狙ってチケットを購入した方が確実かもしれません。
空飛ぶオーブンの看板がとてもかわいいのでこのイラストを使用したグッズなどが販売されたらいいのになぁと思いました。

メニューも細かいところまでイラストが凝っていてとってもかわいかったです。この日は「魔女の谷のシェパーズパイ」と「魔女の谷のパンナコッタ」が売り切れていました。いつかリベンジしたい〜〜。私たち夫婦は下戸なのでお酒は飲まなかったんですが、魔女の谷ビールというオリジナルビールも飲むことができますのでお酒が好きな方はぜひ!

ミートパイ 1,850円
思っていた以上にガツっとお肉!!!といった感じでボリューミーでした。サクサクのパイとお肉がジューシーでとてもおいしかったです。
付け合わせのお野菜が信じられないくらい甘くておいしかった。

ナポリタンのキッシュ 1,850円
祖母が注文したナポリタンのキッシュ。少し分けてもらったのですがサクサクの生地の中にドーン!とナポリタンが入っていてインパクトがすごかったです。味は子どもから大人までおいしくいただける王道のナポリタンといった感じでした。これまた付け合わせのジャガイモもおいしかったです。

フィッシュ&チップス 1,200円
子どもたち用に2つ注文したのですが、結構なボリュームがあったので普段から少食気味な我が子たちには2人で1つをシェアした方が良かったな、と思いました。ピンク色のタルタルソースにつけていただくのですが、サクッと揚がっているお魚にぴったりの食べやすいお味でした。

9種の揚げ野菜スープ(黒) 1,850円
自家製パンが2つ付いています。見た目のパンチ力とは裏腹にとっても優しいお味で、ポタージュのような少しこっくりした感じのスープでした。食べると歯が真っ黒になるので食後お手洗いなどで確認した方がいいかもしれません…!自家製パンはふわふわでおいしくて、揚げ野菜も甘味があって食べやすかったです。

魔女の谷のフロート 950円
グリーンアップルソーダの上にたくさんのソフトクリームとフルーツソース、クロネコのチョコが飾られた怪しげな感じのフロート。意外とさっぱりとした味で食べやすかったようです。ネコのチョコは子どもたちで取り合いになりました。

アトラクションに乗る前に!

おいしいご飯を頂いた後は楽しみにしていた魔女の谷を見て回ろうと思います。
目的の一つだったアトラクションに乗るためにチケットを購入しようと思ったのですが、どこで購入したらいいのか初見では分かりにくかったのでそちらも合わせてご紹介しようと思います。

まず魔女の谷には乗り物が二つあります。
原則子供だけが乗ることのできる『フライングマシン』と
大人も一緒に乗ることのできる『メリーゴーランド』があります。

それぞれ乗るためにはチケットが必要なので乗る前に事前に購入しておく必要があります。

フライングマシン 1回 500円
天空の城ラピュタの世界観をモチーフに作られた乗り物遊具。
3歳から12歳のお子様のみ乗ることができる。
大人のみの利用は不可。付き添いの場合のみ子ども1名に対し大人1人まで乗ることができる。

メリーゴーランド 1回 子ども(3〜12歳)500円 大人1,000円
様々な作品の動物やキャラクターがモチーフとなっているメリーゴーランド。
乗車中は特別にアレンジされた「人生のメリーゴーランド」が流れる。
・3歳以上(2歳以下は無料)
7歳未満の方は16歳以上の方の付添が必要(付添の方で乗り物に乗らない場合は無料
・2歳以下のお子様と同乗する場合はボックスタイプの乗り物。その際は膝上には座らせない
魔女の宅急便のトンボの自転車には身長120センチ未満の人は乗ることができない

チケットはオキノ邸前にある赤い屋根が目印の「小さな小屋」で購入することができます。
小屋の前にあるテントブースで小さい子の身長をはかったり、乗り物に関する説明などを聞くことができます。
最初は私もメリーゴーランドに乗りたいな〜と思っていたんですが、子どもの年齢的に付き添いが必要だったので付き添い(無料)で子どものサポートに回ることにしました。
その後窓口で購入手続きをしたのですが、誤って大人用のチケット分まで請求されていたらしく、慌ててスタッフの方が駆け寄ってきて返金手続きをしてくださいました。

ちょっとしたハプニングはありましたが、チケットも購入できたので
アトラクションの方へ向かおうと思います…!

魔女の谷を一望できるフライングマシン

フライングマシンの前にいるスタッフの方にチケットを手渡して列に並びます。
乗り物は二人乗りでお子様は内側に乗ってくださいと案内されました。
席に座るとシートベルトをつけるのですが、サイドにあるシートベルトをググッと引っ張って
股下にある輪っか部分に通してから反対側で固定します。

シートベルトの装着方法も乗る前にスタッフの方から説明があるのですが、うっかり股下部分に通すのを忘れて固定してしまった人がちらほらいらっしゃって、スタッフの方が外して回っていました。

乗り物が動き始めると同時に足元のペダルをこぐと乗り物が上昇するようになります。
長男は高いのが怖かったのか2〜3回こいだら「もうやめとこうか」と言っていました。
意外と高度があってハウルの動く城やメリーゴーランドなどなど魔女の谷の景色が一望できて最高でした。中学生からは単身で乗ることができないのがネックですが、お子さまや小さなご兄弟がいらっしゃる際はぜひ乗ってみてください。

人生のメリーゴーランド

続いては一番楽しみにしていたメリーゴーランドへ。細かい装飾まで凝っていて世界観がまず素敵でした。ヤックルや山犬、魔女のホウキ、荒地の魔女の輿など、どれもジブリパークならではの乗り物ばかり。
列で待機している間にずっと特別にアレンジされた「人生のメリーゴーランド」を聞いていたのですが、ノスタルジックで少し物悲しいアレンジが華やかなメリーゴーランドとの対比で際立って本当に素敵で涙が出そうでした。

感慨に耽っているとあっという間に自分たちの番が。長男は祖母と一緒に行ったのでわたしは次男と一緒に乗り物を探しに行ったのですが「魔女のホウキがいい!」(この時全て埋まっていました)と言って動かず大変なことに。ちなみに乗りたい乗り物が埋まっているから次の回に乗り直す・・・なんてことはできません。
散々迷っているうちにどんどん埋まる乗り物、そんな中目の前にあったトンボのプロペラ自転車がいい!と言ってまたがりに行くも先述したとおり身長制限で次男が乗ることはできません。どうしようと焦っていると次男が突然トコトコ歩き出しフライングカヤックを指さし「これがいい!」と。なんとか無事(?)に乗り物に乗ることができました。めちゃくちゃ焦ったので事前にお子さまと乗り物の相談をしておくといいと思います・・・!
※保護者は子どもに安全ベルトを装着して、子どもの左側に立ちサポートする形になります。

人生のメリーゴーランドの特別アレンジされた音楽が本当に素敵でした。
 実はジブリパーク内でジブリ音楽を聞く機会というのはほとんどないので新鮮でした。

好きな乗り物に乗りたいなら並び順の前の方に待機するのが一番確実だと思います。
 ※場合によっては一度見送って次回先頭に並ぶのも良いかもしれません

13人の魔女団でお買い物

今回はさんぽ券で魔女の谷を散策しているので「オキノ邸」や「ハウルの動く城」などの建物の中に入ることはできません。なので外側からたくさん写真を撮ったり、たくさん植えられている花々をみて周ったりして楽しんだ後、お買い物に行くことにしました。

ハウルの動く城
カラフルで異素材が組み合わされた外観が目を惹くとてつもなくクオリティの高いハウルの動く城。さまざまな部分が稼働している姿を見られて感動でした。このお城の近くの小高い丘の上に見慣れたカカシがあって、そちらもフォトスポットとして人気のようでした(行列ができており、雨天の場合カカシは避難するみたいです)

オキノ邸
チケットなしだと近づけるのはここまで。しっかりと有名な看板を眺めることができました。オキノ邸へ至る道の脇にはたくさんの植物が植えられていてこれらの植物がしっかりと育ち切ったときには原作のような雰囲気になるのかなぁと期待感が高まりました。

グーチョキパン屋
大人気すぎて長蛇の列ができていました。
本当はパンを購入したかったのですが時間の都合もあって今回は見送ることに。
外観もしっかり再現されていて、窓際に飾られていたパンのリースがとてもかわいかったです。
外で販売されているパンの詰め合わせセットも午後には売り切れていることが多いようです。

ハッター帽子店
かわいらしい丸い缶に入った飴を購入することができます。また、高級な帽子も実際に購入することができます。いろんな味があってどれも興味深かったですが我が家の子どもたちはまだ飴を食べられないので見送ることに。わたしがこっそり食べるように買ってもよかったかも・・・と後でちょっと後悔しました。
ちなみに13人の魔女団でも数種類の飴を購入することができます。

13人の魔女団
ここでは大倉庫では購入できない魔女の谷限定のお土産を購入することができます。
・ぬいぐるみ
・ハンカチ
・ポーチ
・お菓子
・文房具
・マルシェバッグ
・フィギュア
・アクセサリー
・カチューシャ
・リバティコラボの商品
・アラビアコラボの食器
などなど、それ以外にも気になる商品が盛りだくさんでした。
※人気商品は売切れの場合もあるそうです

こちらが今回購入したお土産たちです。
ロルバーンとコラボしたノート、魔女の宅急便のマステはかわいすぎて一目惚れでした。ハンカチタオルは各エリアごとに限定商品があるので必ず購入するようにしています・・・!メリーゴーランドの乗り物のフィギュアがあったので、次男が乗りたがっていたキキのホウキを選びました。そしてリバティコラボのオキノ邸モチーフのポーチも!カバンを開けるたびに素敵な柄を眺めることができて最高です。

まとめ

今回はジブリパークの中でも一番リーズナブルな「さんぽ券」を利用して魔女の谷を散策してきました。結果としてはおいしいご飯も食べられたし、乗り物も乗れたし、お土産もたくさん購入することができて大大大満足!!!でした。子どもたちも今までジブリパークに行ってきた中で2番目に楽しかったみたいです(1番目は大倉庫のネコバスルームらしい)
今度はプレミアムか期間限定のチケットを購入して建物の中も見て回れたらいいなぁと思います。
今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました